The Japanese Society of Judo Therapy
一般社団法人 日本柔道整復接骨医学会
HOME
個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ
お知らせ
ホットニュース掲載履歴
研修会のお知らせ
学会のご案内
日本柔道整復接骨医学会とは
会長挨拶
組織図・役員・評議員・会員
分科委員会紹介
定款
認定柔道整復師制度
認定柔道整復師名簿
アクセス
学会誌関連情報
学会誌投稿規程
投稿前セルフチェック表
投稿の流れ
学術大会関連情報
学術大会開催案内
入会・変更案内
入会のご案内
入会申込書・変更届
リンク
関連先リンク
論文検索システム(ログインユーザー名は会員番号の下5桁を入力してください)
日本柔道整復接骨医学会誌 電子投稿システム 初回投稿される場合はユーザー登録を行って下さい
公式Facebook
HOME > 学会のご案内 > 認定柔道整復師制度
認定柔道整復師制度

柔道整復師における認定制度の発足は、柔道整復師の施術や研究活動などあらゆる面にわたってレベルアップを目的としたものであります。認定基準を満たした本会会員には認定柔道整復師認定証が授与されます。認定証は日本柔道整復接骨医学会会長が交付し当会の認定柔道整復師名簿に登録いたします。

現在多くの会員が認定柔道整復師として認定されています。認定柔道整復師の取得は新認定制度によって運用されています。

本制度を一層充実させることは本会にとって柔道整復師の質の向上に寄与して、医療者としての社会的責任をはたすための重要な事業の一つであります。

このページのトップへ

新認定柔道整復師制度について

平成3年6月「認定柔道整復師制度検討会」により「認定柔道整復師制度」が発効し、それより平成17年度までその制度は継続されてきた。

その間「認定講習会」が開催されていた。また平成13年より「学会主催研修会」と名称を変えて、学術大会に参加できない会員のために、それに近い充実した内容を目指し各界の著名人を講師とし、1日講習として制度の一端を担っていた。

また、学術大会、学会主催研修会、各分科会、都道府県講習会等の参加に加え各学会の発表、論文提出等を点数として換算し、5年を経過して一定の点数を取得することにより「認定柔道整復師」として申請、登録してきた。

しかし、平成17年5月、信原克哉先生(当時会長)の発案により本会独自の「日本柔道整復接骨医学会生涯教育制度」創設を提案された。

「目的としては、柔道整復師はその技術を研磨するために、資格を得てからも一生涯、絶え間なく自己の知識や技術を磨かなければなりません。生涯学習はそれぞれ個人、個人が自主的に行うべきものですが、本会はそれをより効果的に行うための支援と、結果として社会から信頼される柔道整復師を育成するため、本制度を発足させるものです。」(信原克哉先生談)

このような観点から、「新認定制度」は、極力制度上の簡素化を図り会員の多くが取得されるよう、(1)取得資格の拡大 (2)取得条件の緩和 (3)申請方法の簡素化 (4)取得後の特典 (5)継続手続きの簡素化 (6)申請、手続き料金の軽減等の変更により、早期に全会員が「認定柔道整復師」を掲げられるよう委員会に要請、それに応えて認定柔道整復師認定委員会(現・認定柔道整復師制度委員会)が審議を重ね答申したものである。

本会は生涯学習の評価はあくまで自己申告を基本とするものと考え、研鑽を行った会員の「生涯学習履修申告書」をもって認定する。

なお、認定柔道整復師の認定申請手続きについては下記の要領にて実施する。

このページのトップへ

《認定柔道整復師制度のお知らせ》

平成28年4月1日からの

認定柔道整復師取得及び更新申請手続きについて

Ⅰ.新規に取得する場合

  1. 新規取得方法及び条件
    本医学会に入会後5年間在籍し下記の書類で申請する
     * その間に学会主催研修会に1回以上の参加を必要とする
  2. 申請時の提出書類
    ① 認定柔道整復師資格申請経歴書 「資料1」(DOC File DOC File 47 KB)
    ② 生涯学習履修申告書在籍5年分 「資料3」(DOC File DOC File 182 KB)
    ③ 学会主催研修会「修了証」の写し
    ④ 柔道整復師免許証の写し
  3. 審査交付手数料 35,000円

Ⅱ.更新する場合

  1. 更新方法及び条件
    認定柔道整復師がその資格を更新する場合は以下の書類で申請する
     * その間に学会主催研修会に1回以上の参加を必要とする
  2. 提出書類
    ① 認定柔道整復師資格継続申請書 「資料2」(DOC File DOC File 41 KB)
    ② 生涯学習履修申告書在籍5年分 「資料3」(DOC File DOC File 182 KB)
    ③ 学会主催研修会「修了証」の写し
  3. 更新手数料 15,000円

Ⅲ.認定期間

認定取得後5年間とする

Ⅳ.申請方法

資格申請経歴書は請求後、また資格継続申請書は更新期限案内時、いずれも送付する書類にて申請する

Ⅴ.新制度の発効及び有効期限

認定柔道整復師制度委員会にて新制度を現在検討中 理事会決定による発効までの暫定制度とする

Ⅵ.認定柔道整復師の特典

  1. 学会参加費の割引(事前申し込みをした場合)
  2. 学会主催研修会の参加費半額(事前申し込みをした場合)
  3. (一社)日本柔道整復接骨医学会の主催する講習会及び催事に対して、事前申し込みは原則として半額

Ⅶ.その他

認定期間が過ぎた場合、および会員喪失期間がある場合は、認定柔道整復制度委員会事務局にお問い合わせください。

平成23年4月1日認定柔道整復師制度委員会 改正
平成28年4月1日認定柔道整復師制度委員会 一部改正

このページのトップへ
※ 問い合わせ先
一般社団法人日本柔道整復接骨医学会
認定柔道整復師制度委員会
東京都台東区北上野1-8-5 ビリーフ上野6階
電話 TEL 03-5830-3025(代) FAX FAX 03-5830-3026
 
↑このページのトップへ
事務局:〒110-0014 東京都台東区北上野1丁目8番5号 ビリーフ上野6F  TEL 03-5830-3025(代) FAX 03-5830-3026