The Japanese Society of Judo Therapy
一般社団法人 日本柔道整復接骨医学会
HOME
個人情報保護方針 サイトマップ お問い合わせ
お知らせ
ホットニュース掲載履歴
研修会のお知らせ
学会のご案内
日本柔道整復接骨医学会とは
会長挨拶
組織図・役員・評議員・会員
分科委員会紹介
定款
認定柔道整復師制度
認定柔道整復師名簿
アクセス
学会誌関連情報
学会誌投稿規程
投稿前セルフチェック表
投稿の流れ
学術大会関連情報
学術大会開催案内
広報関連情報
広報ニュース
入会・変更案内
入会のご案内
入会申込書・変更届
リンク
関連先リンク
論文検索システム(ログインユーザー名は会員番号の下5桁を入力してください)
日本柔道整復接骨医学会誌 電子投稿システム 初回投稿される場合はユーザー登録を行って下さい
公式Facebook
HOME > 学会のご案内 > 日本柔道整復接骨医学会とは
日本柔道整復接骨医学会とは

 長い歴史を有する柔道整復師の知識と技術が、国民の医療ならびに健康の増進に貢献することは柔道整復師すべての願いであります。昭和63年5月、柔道整復師法の改正により、柔道整復師の免許は、名実共に国家資格となり、免許権者が厚生労働大臣となりました。柔道整復術の科学的検証と学の構築がより一層求められることとなり、平成4年に、関係する団体の総意により学術団体として「日本柔道整復接骨医学会」が創設されました。現在、『日本学術会議』の第7部「予防医学・身体機能回復医学の分野」に団体登録が認められ、学術団体としての地位が確立されていますが、更なる研究業績の蓄積が求められております。

 平成26年4月1日には、長年の懸案でありました法人格を取得し、新たに一般社団法人としてスタートいたしました。本会は、柔道整復師だけでなく、関連学問分野の研究者や医療関係者も含めた、広がりのある学会としての発展を願っております。

 現在、約6,000名の会員で構成され、学術大会の開催と「日本柔道整復接骨医学会誌」発刊を主な活動としております。毎年多くの会員が参加する学術大会では、会員の一般発表やシンポジウム、時に海外からの講師を招いての講演、教育セミナー等を開催しています。また各分科委員会は、各地域において、特色ある研究会や講演会を開催しています。年4巻の発刊が予定される学会誌には、各分科委員会をはじめ多くの会員からの研究成果が掲載され、柔道整復学のエビデンス構築の柱となっております。

 世界保健機構(WHO)に伝統医学として紹介された柔道整復の更なる発展は、日本柔道整復接骨医学会の積極的活動、総ての柔道整復師が本学会の会員であることが、喫緊の課題であります。

目的

 本会は、柔道整復接骨医学に関する学理とその応用に関する研究発表及び連携、知識の交流、情報の提供などを行い、柔道整復接骨医学に関する普及発展を図り、医療に関する学術の発展に貢献することを目的としています。

活動状況

  • 研究発表及び学術講演会等の開催
  • 学会誌、学術図書及び資料の刊行
  • 調査研究の実施
  • 国内及び国外の関連学会との交流並びに協力
  • 研究の奨励及び研究業績に対する表彰
  • 会員の生涯学習に関する事業
  • 認定柔道整復師の認定に関する事業
  • その他、本会の目的を達成するために必要な事業

事務局

〒110-0014
東京都台東区北上野1丁目8番5号 ビリーフ上野6F
電話 TEL 03-5830-3025(代) FAX FAX 03-5830-3026

 
↑このページのトップへ
事務局:〒110-0014 東京都台東区北上野1丁目8番5号 ビリーフ上野6F  TEL 03-5830-3025(代) FAX 03-5830-3026